EストアーのshopserveをFTPでバックアップする方法

Amazon, 楽天, Yahooなど、大手ショッピングモールで販売せず、独立サイトで通販するための大手ECカート、shopserve(ショップサーブ・Eストアー提供)のバックアップは店舗自身が行わなければなりません

そこで、FTPでshopserveをバックアップする方法について書いてみます。

使用するFTPソフト

FileZillaを使います。FFFTPでは接続出来ませんでした。
FFFTPが使えない理由はこちら

バックアップ所要時間

5〜10分程度。

サイトのボリュームによって異なりますが、WordPressのFTPバックアップよりは遥かに短い時間で完了します。

shopserve管理画面でFTPアカウントを設定

  1. shopserve管理画面にログイン
  2. サーバー>FTPアカウント」を開く
shopserve 1

FTPアカウントを作成します。

  • FTPアカウント:FTPユーザー名のこと。半角英数字記号3~8文字
  • パスワード:FTPパスワードのこと。半角英数字3~32文字

作成すると、下の欄に反映されます。

shopserve 2

FileZillaでバックアップする設定

  • FTPホスト:ftp.shopserve.jp(ショップサーブオンラインサポートは、検索結果で公開されている)
  • ユーザー名:上で作成したFTPアカウント
  • パスワード:上で作成したパスワード
  • ポート:空欄でOK

FileZillaの使い方は、以下のページをご参照ください。

まとめ

Eストアーのshopserve管理を専門業者に任せずに店舗運営者だけで運営されていると、バックアップの取り方が分からないまま、通販業をされている店舗さまが多いと思います。

WordPressのバックアップをプラグイン無しで行うと丸1日掛かりの作業になるので、それに比べるとshopserveのバックアップは10分程度で終わるので意外に楽です。分からない点がございましたら、コメント欄でお待ちしております。

PC

プロフィール
profile-photo置田 雄一
大阪ののんびりとした地域でマイペースに暮らしています。「記事を読んで役に立ちました!」というコメントを頂けると嬉しいです。好きな食べ物:お肉、焼き鳥、たこ焼き。好きな音楽:アコースティックギター器楽曲、ピアノ器楽曲。更新情報はTwitterでお知らせいたします。


この記事がお役に立てば、シェアして頂けると励みになり嬉しいです。
この記事へのご感想・ご質問は、コメント頂けると嬉しいです。
OKITA-YUICHI.NET™

0件の コメント