YouTube Premiumのレビュー。有料の価値は十分アリ!他サービスと徹底比較!

著者:おきた ゆういち

YouTube Premiumのレビュー。有料の価値は十分アリ!他サービスと徹底比較!

Windows 10最新バージョンは、2004 (May 2020) です。
こちらの記事でアップデート方法をまとめております。(2020-05-30更新)


公開日:2020-05-15
Header Image : Yuichi Okita

長い間、YouTubeを無料で視聴していたのですが、広告が度が過ぎるほど煩わしいので、YouTube Premiumに加入し、有料会員として利用することにしました。他の動画・音楽配信サービスと比較しながら、YouTube Premiumのレビューと有料価値がある理由について書いてみます。

YouTube Premiumのレビュー

有料の価値はあるのか?

個人的には、十分に価値はあると思います。理由は3つ。

価値ある理由1:広告が表示されない

無料版YouTubeは度が過ぎるほど、広告が煩わしい。しかも、広告時間が長い。
私はPCやタブレットで作業しながら情報コンテンツ動画を聞き流しているので、広告が挟まると要点を掴みにくくなります。

YouTube Premiumの有料会員になると、広告が全く表示されなくなります。PC・スマホ・タブレット、あらゆるデバイスでの視聴でも、広告が外れてかなり快適になります。

価値ある理由2:iPhone・iPadのYouTubeアプリを閉じても、ロックしてもバックグラウンドで音声が鳴り続ける

YouTube Premiumなら、バックグラウンドでも音声は鳴り続けます。ニュース動画や音楽などを流しながら、Web閲覧などが出来るようになります。

無料YouTubeではアプリを閉じてしまうと、音声が鳴らなくなり、音楽や動画音声を聴きながら別アプリでの作業は出来ないですが、YouTube Premiumでは出来るようになるので、快適に気分よく作業することが出来ます。

バックグラウンド再生をするには、iPadのMobile SafariでYouTubeを開き、Picture-in-picture (PiP=ピクチャー・イン・ピクチャー) を使う手段もありますが、地味に面倒でストレスが溜まっていきます。

他に、Split Viewで作業する手段もありますが、作業領域が狭くなるため、いちいちやってられません。

《Split View : YouTube(右)とApple純正メモアプリ(左)》
Split View YouTube

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

通常にiPadを使ってバックグラウンド再生出来るのは、かなり快適です。無料版YouTubeには戻れなくなります。敢えてこのような仕様でアプリ製作しているのでしょうから、見事にGoogleの術中に嵌っているのは自覚していますが、下記の音楽配信サービスまで一緒に利用出来るとなると、他の音楽配信サービス料金に200円足して利用する価値は十分に感じられます。

価値ある理由3:YouTube Music Premiumが利用できる

YouTube Music Premiumは、スマホ・タブレット専用アプリで、音楽に特化した配信サービスです。

このYouTube Music Premiumの操作性が私にはベスト!
「いいね」「高評価ボタン」を押したアーティストや楽曲から、自動的に「おすすめのプレイリスト」を作ってくれて、関連性の高いアーティストやアルバムなども提案してくれるので、楽曲を能動的に探さないタイプの私でも直感的に楽曲を選べて、とても嬉しい。

「SoundLink Mini Bluetooth speaker II」なら同時に2台のデバイスに簡単接続できるので、iPhoneとiPad両方のペアリングを維持出来て便利です。Bluetooth 5.0 なので遅延もありません。

気軽に音楽をリスニングしながらPC作業ができて、とても快適です。

YouTube Premiumのサービス料金

サービス料金

月額1,180円(税込み)。

多くの動画や音楽配信サービスは、月額880~980円のサブスクリプション制ですが、YouTube Premiumの場合、たった200円上乗せするだけで、動画と音楽の両方を快適に視聴したりリスニングしたりすることが出来ます。

後述の動画・音楽配信サービスを試していって、最終的にSpotifyと比較検討した結果、YouTube Premiumを選びました。

YouTube Premium加入前に知っておくべき注意点

iPadOS (iOS) のYouTubeアプリから申し込むと月額料金が高くなる

加入前は私も知らなかったのですが、検索して調べた際に初めて知りました。
iPadやiPhoneに既にインストールしているYouTubeアプリを通してYouTube Premiumに申し込むと、月額1,550円(税込み)となり[1]、利用料金が高くなります。

アプリ提供者がAppleに手数料を払うため、その分の料金が転嫁されているらしいので、その回避方法として、ブラウザからYouTube Premium加入手続きをすると、月額1,180円で申し込みが出来ます。私は、iPadのMobile SafariでYouTubeを開き、加入手続きを済ましました。

▼YouTube Premium 公式サイト

一番無難なのは、PCのブラウザから申し込む方法だと思います。

YouTube Music Premiumでは歌詞が流れない

SpotifyやApple Musicでは音楽を再生すると歌詞が流れます。しかし、YouTube Music Premiumでは歌詞が流れる機能はありません。この点が唯一残念な部分です。

せっかく知らない楽曲を提案されて気に入っても、

  • いつリリースされた楽曲なのか?
  • 作詞・作曲は誰なのか?

など興味づいた情報をすぐに知ることが出来ません。歌詞を読みながらリスニングするには、わざわざ検索して歌詞をブラウザで表示するという煩わしさがあります。

動画チャンネルと音楽チャンネルが混在しているためチャンネル数が膨大過ぎて、各コンテンツに歌詞を入れてられない事情があるのかもしれませんが、利用者としては、歌詞が流れるようにしてもらいたいです。Googleお得意のAIを駆使して、機械的に歌詞を入れるコンテンツ編集が出来る時代が訪れるのを期待します。

YouTube Premium契約までに試してみた動画や音楽配信サービス一覧

YouTube Premiumを契約するまでに比較検討した「動画・音楽配信サービスの解約理由」を表にまとめてみました。

 解約理由契約期間残した無料期間料金
Amazon Prime Video
  • Prime会員のため、解約はしていない。
  • 作品の概要説明が分かりにくいため、滅多に利用しない。
現在も継続Prime会員のため、現在も継続。Prime会員なら無料。
Amazon Prime Music
  • Prime会員のため、解約はしていない。
  • 楽曲が探しにくいため、滅多に利用しない。
現在も継続Prime会員のため、現在も継続。Prime会員なら無料。
Amazon Music Unlimited
  • Echoシリーズのサブウーファーが、Amazon Musicにしか対応していない。
  • 楽曲を探しにくい。
4か月無料期間全てを利用。
  • (Prime会員)月額780円。
  • (非Prime会員)月額980円。
Netflix
  • 何を視聴すれば良いのか分からない。
  • 1作品だけ視聴して解約。
3週間無料期間無し。月額880円。
Apple TV
  • 仕組みが全く分からない。
3週間程度11か月以上残して解約。月額600円。
Apple Music
  • Spotifyの方が操作性が分かりやすいので解約。
1か月2か月残して解約。月額980円。
Spotify
  • YouTube Premiumの方がコストパフォーマンスが高いと判断。
有料サービスには加入していない。無料サービスのまま継続。月額980円。

Apple TVのように無料期間を11か月残していようが、自分の視聴スタイルに合わない配信サービスは、躊躇なく解約します。

私の視聴スタンス

今の私は、映画・ドラマ・アニメなどストーリー動画を観ません。音楽も、ほとんど器楽インストロメンタルしか聴きません。
つまり、

  • どんな作品を観れば良いのか分からない
  • どんな作品を聴けば良いのか分からない

一般的には、「観たい映画があるから」「聴きたい音楽があるから」配信サービスを利用すると思いますが、私の場合は、「単に、ちょっとだけ気分転換したいから」「聞き流してイージーリスニングしたいから」という動機が利用目的になります。

そのため、

  • あなたの好みから選んだ映画
  • あなたの好みから選んだ音楽
  • 〇年代に流行った音楽
  • 朝に聴きたいカフェミュージック
  • 春に聴きたいポップス

私のように能動的に作品を探すことが出来ないタイプの人間にとって、上のような角度から作品を提案してもらえると、とてもありがたいです[2]
そして、「いいね」を付けることにより関連性をどんどん広げてくれて、幅広い作品を提案してくれる機能なら、とても助かります。

このような作品提案の仕方・操作性の両方を満たしてくれたのが、YouTube Premiumでした。

まとめ

Amazon Echoシリーズを最大6台所有していた時期でも、Amazon Musicの有料版、Amazon Music Unlimited に有料価値を見出せず、ほとんど音楽を聴かない日々を送っていましたが、YouTube Premium加入をきっかけに、日々の生活が随分楽しくなりました。

iPhoneやiPadのスピーカーだけで聴くのはもったいないです。Bluetooth スピーカーに接続すると、豊かな音を楽しめます。音楽だけでなく、動画の音声も厚みがかなり増して、心地よくなれます。

YouTube Premiumは、Bluetoothスピーカーで楽しむことをおすすめ致します。

▼Amazon Echoシリーズを6台購入して、最終的に辿り着いたスピーカー
ボーズ ( BOSE ) SoundLink Mini Bluetooth speaker II Limited Edition ブラック/カッパー(Amazonサイトが開きます)

SoundLink Mini Bluetooth speaker II

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

全て、個人の感想です。

ご不明な点がございましたら、コメントをお待ちしております。
内容に不備な点や間違いがございましたら、下のコメント欄よりご指摘頂けると、ありがたく思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

人気記事ランキング(24時間)

この記事に関連のあるトピックです

新着記事 New arrival

メルマガ登録

ただいま準備中です。

このサイト内を検索できます。

(Visited 12 times, 1 visits today)

脚注   [ + ]

1.applio, 2020-03-05, YouTube Premium(プレミアム)のメリットと料金体系、無料で登録して解約するまでの方法・注意点まとめ, 2020-05-15閲覧。
2.Amazon Prime Musicにも似た機能はあるが、選びにくい

著者について

おきた ゆういち administrator

2020/04/15 更新 – ブログや通販サイトなど、Webサイトを運営されているお客様に、「検索からアクセスアップする文章の書き方」をオンラインでアドバイスさせて頂いております。at Osaka, Japan.