Chromeに保存したパスワードの探し方、変更、削除する方法

Googleのブラウザ・Chromeにはパスワードを保存する機能があります。Chromeにログインしていると、パスワードの漏洩や不正使用を監視してくれるので大変心強い機能です。

ただ、サイトへのログインパスワードやサーバーパスワードなどを変更した際に、全て自動で修正変更するには機能がまだ至らず、手動でパスワード変更・削除が必要なケースは意外に多いです。

本記事では、Google Chromeで保存したパスワードの探し方・変更・削除する方法について書いてみます。

Chromeからパスワード更新を尋ねられた場合の対処

サイトへのログインパスワードを更新した際に、下画像のようなダイアログが表示される場合があります。こまめに更新するのが望ましいのですが、Chromeが自動生成したパスワードで更新する際は、後述の注意事項を把握した上で、更新ボタンをクリックするか否か、判断した方がベターだと思います。

Dialogue about Updating Password

Chromeに保存したパスワードを探す

1.Chromeハンバーガーメニュー>設定

Setting Chrome Security 1

2.自動入力>パスワード

1 Find Password

3.サイトのドメイン名などで検索して、パスワードを見付ける

  • ①:探したいパスワードのサイトのドメイン一部を入力
  • ②:候補が一覧になって表示される
2 Find Password

4.目のアイコンをクリックして、パスワードを非表示から表示に切り替える

  1. 目のアイコンをクリックすると、パスワードが非表示から表示に切り替わる
  2. 表示されたパスワードをクリックして、コピーができる(このステップではパスワード変更修正はできない)
3-1 Find Password

Chromeに保存したパスワードを変更する

Chromeに保存されたパスワードを変更するには、パスワードマネージャーというGoogleサイトに遷移して行います。Googleアカウントへのログインを求められます。

1.下画像の、「Googleアカウント」をクリック。

1 Modify Password

2.パスワードマネージャーのサイトへ遷移する。

  1. ドメインを入力して検索
  2. 候補一覧をクリック
2 Modify Password

3.変更したいパスワードの「編集」ボタンをクリック。

3 Modify Password

4.目のアイコンをクリックして、パスワードを非表示から表示に切り替える。

4 Modify Password

5.パスワードを変更して「保存」ボタンをクリック。

5 Modify Password

以上で、Chromeに保存されたパスワードの変更は完了です。

Chromeに保存したパスワードを削除する

  1. 削除したいパスワードの右端、ハンバーガーメニューをクリック
  2. 「削除」をクリック
1 Delete Password
2 Delete Password

まとめ

PCユーザーの68%(推定)がChromeを使っているため、パスワード保存機能に全てお任せしているユーザーはかなり多い、と思います。私のお客さまもChrome任せで変更後のパスワードを失念して、WordPressやEvernote、shopserve管理画面など普段使っているサイトへログイン出来ないケースに遭遇し、私がアドバイスする事例はたくさんありました。

Chromeが自動生成するパスワードと、MacやiPhoneやiPadの標準ブラウザ・Safariが自動生成するパスワードは異なるので、ブラウザ任せの丸投げパスワード生成・管理では不便な面の方が多い、と思います。

私は、自身の手の届く範囲内でパスワード作成・管理する方法を採っています。
最近、あちこちのサーバーのFTPやデータベース管理画面にログインすることが多く、普段ほとんど使わないパスワード変更が多かったので、今回の内容の記事を書いてみました。

PC

プロフィール
profile-photo置田 雄一
大阪ののんびりとした地域でマイペースに暮らしています。「記事を読んで役に立ちました!」というコメントを頂けると嬉しいです。好きな食べ物:お肉、焼き鳥、たこ焼き。好きな音楽:アコースティックギター器楽曲、ピアノ器楽曲。更新情報はTwitterでお知らせいたします。


この記事がお役に立てば、シェアして頂けると励みになり嬉しいです。
この記事へのご感想・ご質問は、コメント頂けると嬉しいです。
OKITA-YUICHI.NET™

0件の コメント