【初心者向け】Windows10のアプリ・ソフトをアンインストール・削除する方法

著者:Yuichi Okita

【初心者向け】Windows10のアプリ・ソフトをアンインストール・削除する方法

Windows 10 1803 のサポートが 2019/11/12 に切れたため、
こちらの記事が人気です。(2019-11-20 発表)


最終更新日:2019-11-13
公開日:2019-06-20
Header Image : Yuichi Okita

Windowsのアプリをインストールするのは簡単ですが、アンインストールをする方法が書いている媒体は少ないようなので、初心者の方向けに記事にしてみました。

Windows 7までは、コントロールパネルの場所は従来のエディションを踏襲してきていたのですが、Windows 10になってから少しわかりにくい場所に変更されました。

前回の記事「ダウンロードしたデータをWindows10で削除する方法」と同様な趣旨で、アプリを削除する方法が分からずインストールする一方で、ストレージにどんどん不要なソフトが増えていき、PCの作業能率を下げている人は少なくありません。

使わないアプリはアンインストールして、PCデータをスッキリさせてみてください。

Windowsアプリをアンインストールする流れ

方法が2つあります。

Windowsメニューから直接アンインストールする方法

スタートメニューをシングルクリックして、アプリの一覧からアンインストールしたいアプリのアイコンの上で右クリックすると、下画像のようにコンテキストメニューにアンインストールの文字が現れるので、それをシングルクリックします。

directly uninstalling from start menu

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

※全てのアプリで、このような「アンインストールの表示」が現れるわけではないので、初回に試してみて現れなかったら、下記の方法を試してみてください。

コントロールパネル内の「プログラムと機能」を開いてアンインストールする方法

コントロールパネルの場所

Windows 10 になってからコントロールパネルは、スタートメニューの中「Windows システムツール」の中に入っています。コントロールパネルを頻繁に使う人は、「スタートにピン留め」しておくと良いと思います。

▼コントロールパネルは、ここに格納されている。

control panel in start menu

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

▼右クリックすると、「スタートにピン留め」が現れる。

control panel in start menu 2

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

コントロールパネルを開く

▼「プログラムのアンインストール」をシングルクリックする。

control panel category

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

プログラムと機能を開く

▼「プログラムと機能」のウィンドウに、アプリケーションの一覧が表示される。

control panel 3

▼削除したい(アンインストールしたい)ソフトの名前をシングルクリックで選択すると、赤枠部分に「アンインストール」ボタンが現れる。そのボタンをシングルクリックして画面の指示に従い、アンインストールを進めていく。

control panel 4

▼他の方法として、アンインストールしたいアプリ名の上で右クリックすると、コンテキストメニューに「アンインストール」が現れるので、それをシングルクリックする。その後は、画面の指示に従ってアンインストールを進める。

control panel 5

アプリケーションソフトウェアをアンインストールする際の注意点

確実に不要だと判断できるアプリだけをアンインストールする

「プログラムと機能」の一覧では、インストールした覚えのないプログラムが必ず含まれています。

この際、

「インストールした覚えがないから削除しよう」

と判断するのは危険です。

Windowsが今後も使用するプログラムなども表示される場合があるため、削除すると正常に機能しなくなるリスクを抱えます。ですので、確実に不要だと判断できるプログラムだけをアンインストールした方が無難です。

悪意あるプログラムと悪意ないプログラムの見分け方

ウィルスとまでは言わないまでも、覚えのないプログラムが一覧に表示されていたら、気味が悪いですよね。悪意あるプログラムは高い専門性と知識が必要とされますが、悪意ないプログラムを見分けるには、メーカー名が判断基準の一つの目安になります。

「プログラムと機能」の発行元一覧の発行者を確認して安全の目安にする

私も詳しい人間ではないのですが、信頼出来る発行元を列挙してみます。(いわゆる老舗メーカーになります)

  • adobe
  • Apple
  • BUFFALO INC.
  • Google Inc.
  • Logicool
  • Logitech
  • Microsoft Corporation
  • Mozilla
  • ORACLE

私の知識が乏しくて数社しか書けず申し訳ない気持ちでおりますが、有名企業だから列挙した訳ではなく、私がPCを始めてから26年の間の経験に、世間からの定評を加味して列挙しております。

後日、他社を思い出したら書き加えていきます。

悪意あるプログラムはWindows Defenderやセキュリティ専門ソフトを活用する

Windows 10 標準のセキュリティ機能、Windows Defenderはかなり堅牢性が高く、セキュリティ専門ソフトに匹敵するとまで、言われています。

私がPCハード面で参考にさせて頂いている、パソコンにとても詳しいYouTuberの方も、

「セキュリティ専門ソフトはインストールしていません。Windows Defenderを標準装備しているからです」

と話されていました。

心配な方は、

どちらかのセキュリティ専門ソフトをインストールしておけば、安心感が違ってくると思います。

今回の記事はWindowa操作の基礎的な部分ですが、知らずに使い続けている方にとってお役に立てれば嬉しいです。

ご不明な点がございましたら、コメントをお待ちしております。
内容に不備な点や間違いがございましたら、下のフォームよりご指摘頂けると、ありがたく思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事に関連のあるトピックです。

ご連絡ありがとうございます。

当記事へのご意見・ご感想を、下記フォームよりお待ちしております。
24時間以内にお返事させて頂きます。

お客様のメッセージはセキュリティで保護されて安全に届きます。

内容に不備な点もどうぞご指摘ください。
今後も品質の高い記事作成に努めてまいります。

このサイト内を検索できます。

著者について

Yuichi Okita administrator

好物は大阪名物たこ焼きと焼き鳥です。コンサルティング科目:SEO、コピーライティング、ブランディングアップ以外に、PCハード面、ソフト面、マーケティング、E-mail marketing、他。/ 好きな書籍「孫子の兵法」 / 法人のお客様は、お問合せフォームをご活用くださいませ。/ 個人のお客様は、SEOコンサルティングのみお受けしております。Twitterからのお問合せもお受けしております。

    コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください