Windows 10 の細かい不要データを削除するディスククリーンアップ機能

著者:Yuichi Okita

Windows 10 の細かい不要データを削除するディスククリーンアップ機能

Windows 10 1803 のサポートが 2019/11/12 に切れたため、
こちらの記事が人気です。(2019-11-20 発表)


公開日:2019-11-14
最終更新日:2019-06-16
Header Image : Yuichi Okita

※本記事の方法は非推奨となりました。詳しくは、下記リンク先をご覧ください。

チリが積もったように、細かくて不要なデータ群をジャンクデータと呼びます。平たく言えばゴミデータ類です。ディスククリーンアップはこのジャンクデータを削除する機能です。

ジャンクデータを削除する方法は大きく分けて2つあります。

  1. ウィンドウズの標準機能、ディスククリーンアップを使う。
  2. データ削除専用アプリケーションソフトウェア、CCleanerを使う(1よりも削除範囲が広くて深い)。

今回は、ディスククリーンアップの方法を書きます。

ディスククリーンアップの効果

メンテナンスをしていないとジャンクデータが溜まる

「こんな細かいデータを削除したところで何が良くなるのか?」

と思われる方がおられるかもしれませんが、ゴミ箱でデータを削除するにしろ、コントロールパネルでプログラムをアンインストールするにしろ、データの断片化が生じます。

断片化のことをフラグメンテーションと呼び、この単語に否定辞「de」を付けた言葉がデフラグです。別記事で取り上げる予定ですが、Windows 95, 98世代から脈々と続いている有名なWindows標準の機能です。

ストレージがHDDの場合[1]、昔のレコードと同様な方式でデータが記録されています。円盤に針で磁気を刻む方式です。

ですので、データの書き込みや削除を繰り返すと、下の図(赤い線)のように飛び飛びに刻まれることになり、針がデータを拾いに行く際に、より多くの時間(Seek time)が掛かってしまいます。

example of data fragmentation

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

すると、結果的にはあなたのPC動作が重くなり、作業や処理も遅くなってしまいます。

ディスククリーンアップで除去される具体的なデータは?

  1. ダウンロードされたプログラムファイル
  2. インターネット一時ファイル
  3. DirectX シェーダーキャッシュ
  4. 配信の最適化ファイル
  5. ダウンロード
  6. ごみ箱
  7. 一時ファイル
  8. 縮小表示

キャッシュは不要なのか?

キャッシュとは「データを一時的に保存する仕組み」を指します。

例えば、ブラウザで訪れたサイトの画像ファイルなどは一時的に保存される場合があります。後日、再度同一ページを訪れた場合、キャッシュにより自分のPCに格納されたデータ(キャッシュデータ)を呼び出したほうが、ブラウザにより速く表示が出来るので、キャッシュ方式が採られています。

頻繁にアクセスするサイトのデータならキャッシュされていると便利なのですが、過去半年の間、1度も訪れていないサイトのデータをたくさんキャッシュしていても、それはジャンクデータとして見切りをつける判断が必要となります。

ですので、ディスククリーンアップは頻繁に行う作業ではないですが、1か月に1度程度を目安に行っておくと良いと思います。(おすすめ頻度は、個人の考えによって異なります。)

PCを高速化する効果とローカルストレージの空き容量を増やす効果を持つ

今回のディスククリーンアップを行うことにより、

  1. ディスク上のジャンクデータが取り払われ[2]、結果的にPCを高速化できる効果。
  2. HDDやSSD(ローカルストレージ)の空き容量を増やす効果。

2つの効果が期待できます。デフラグするための地ならしだと思って下さい。

ディスククリーンアップの手順

Cortanaに「ディスク」と入力して、ディスククリーンアップをシングルクリック。

searching with cortana

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

赤枠部分全てにレ点(チェックマーク)を入れて、OKボタンをクリックする。

disk cleanup

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

確認のダイアログが現れるので、「ファイルの削除」をクリック。

dialogue about deleting the files

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

進捗状況が表示される。

processing of cleanup

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

クリーンアップが終了しても、特に通知も無いので、注意して下さい。

所用時間は、初めての作業の場合、過去何年分ものジャンクデータを奥深い場所から収集してくるので、かなり時間が掛かる覚悟が必要になると思います。

ご不明な点がございましたら、コメントをお待ちしております。
内容に不備な点や間違いがございましたら、下のフォームよりご指摘頂けると、ありがたく思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事に関連のあるトピックです。

ご連絡ありがとうございます。

当記事へのご意見・ご感想を、下記フォームよりお待ちしております。
24時間以内にお返事させて頂きます。

お客様のメッセージはセキュリティで保護されて安全に届きます。

内容に不備な点もどうぞご指摘ください。
今後も品質の高い記事作成に努めてまいります。

このサイト内を検索できます。

脚注   [ + ]

1.ストレージがSSDの場合は構造・方式が違うため、図のような円盤状には記録されません。
2.完全に除去されるわけではありません。

著者について

Yuichi Okita administrator

好物は大阪名物たこ焼きと焼き鳥です。コンサルティング科目:SEO、コピーライティング、ブランディングアップ以外に、PCハード面、ソフト面、マーケティング、E-mail marketing、他。/ 好きな書籍「孫子の兵法」 / 法人のお客様は、お問合せフォームをご活用くださいませ。/ 個人のお客様は、SEOコンサルティングのみお受けしております。Twitterからのお問合せもお受けしております。

    コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください