Windows 10 でスタートアップ時に自動起動する常駐ソフトを無効化する方法

著者:Yuichi Okita

Windows 10 でスタートアップ時に自動起動する常駐ソフトを無効化する方法

Windows 10 1803 のサポートが 2019/11/12 に切れたため、
こちらの記事が人気です。(2019-11-20 発表)


最終更新日:2019-11-18
公開日:2019-06-14
Header Image : Yuichi Okita

PCの電源ボタンを押すと、

  1. BIOS(または、UEFI)画面が現れ、
  2. Windows 10のマークロゴ[1]
  3. Windowsへログイン、

という順序でWindowsが起動します。

この際、スタートアップ時に自動的に読み込まれるよう設定された常駐ソフトが読み込まれ、PC作業の仕掛かりが遅れてしまいます。

覚えのない設定をソフトのインストールと同時にされていると気分の良いものではありませんし、Windowsの起動が意に反して遅くなるのも不本意ですよね。

今回は、「Windows 10のスタートアップ時に自動的に起動する常駐ソフトを無効化する方法」について書いてみます。

Windows 10でスタートアップ時に自動起動する常駐ソフト(一例)

下の画像は2019-05-16時に、私のPCのタスクバーに表示されていた常駐ソフトです。

auto booting apps on startup

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

手動で起動していなくても、バックグラウンドで働いているので、その分PCの処理が全体的に遅くなってしまいます。

Windows 10 で自動起動する常駐ソフトを無効化した後のタスクバー

下の画像は自動起動する常駐ソフトを無効化した後の常駐ソフトで、数が少なくなったことが分かります。

apps after invalidating auto booting

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

Windows 10 でスタートアップ時に自動起動する常駐ソフトを無効化する方法

Cortanaにmsconfigと入力し検索し、システム構成をシングルクリックする。

searching msconfig

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

下のようなウィンドウが現れるので、赤枠部分の「スタートアップ」をシングルクリックする。

system configuration

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

スタートアップタブの中の「タスクマネージャーを開く」というリンクをシングルクリックする。

startup tab in system configuration window

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

タスクマネージャーのスタートアップタブが現れるので、
状態の項目列内で自動起動してほしくないプログラムが「有効」となっていたら、プログラム名をシングルクリックで色を反転させて、「無効にする」ボタンを押す。

一括して「無効化」は出来ないので、一つのプログラムを選択して無効化ボタンを押し、これを繰り返す。

startup tab on task manager
invalidated apps

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

最後に、OKボタンを押す。

push ok button

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

無効化の作業は以上です。

「どのプログラムを無効化しても良いのか?」判断する基準について

初心者の方にとっては、
「無効化しても良いのか分からない」
という方がおられると思います。

立場上、個々の具体名は避けさせて頂きますが、大まかにいえば、
「全てを無効化しても、ほぼほぼ支障は出ないでしょう」
という程度にて私からは言及させて頂きます。

ただし、無料のフリーウェアをDLしておいて、有料のディスカウント情報が届かなくなったりすることがありますので、
「プログラムの要否の判断は、ユーザーそれぞれにおいて違う」
とも言えます。

まとめ

恐らく大方のWindowsユーザーは知らない設定方法でしょうから、1度もやったことのない人は、Windowsの起動が速くなるかもしれませんので、やってみることをオススメします。

Windows 10以前のバージョンでも(Windows 95 / 98の頃から)、
「タスクバーの常駐ソフトを読み込み終えるまではPC作業に取り組めない」
というストレスをユーザーは抱えながらWindowsを使っているので、こまめな設定をユーザー自身がするしか仕方がありません。

例えば、新しいアプリケーションソフトをインストールすると、そのソフトがスタートアップ時に自動起動するよう、勝手に設定されることがあります。
ですので、神経質にならない程度で、本記事の方法で確認されることをオススメします。

ご不明な点がございましたら、コメントをお待ちしております。
内容に不備な点や間違いがございましたら、下のフォームよりご指摘頂けると、ありがたく思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事に関連のあるトピックです。

ご連絡ありがとうございます。

当記事へのご意見・ご感想を、下記フォームよりお待ちしております。
24時間以内にお返事させて頂きます。

お客様のメッセージはセキュリティで保護されて安全に届きます。

内容に不備な点もどうぞご指摘ください。
今後も品質の高い記事作成に努めてまいります。

このサイト内を検索できます。

脚注   [ + ]

1.誤記修正(2019-07-03)

著者について

Yuichi Okita administrator

好物は大阪名物たこ焼きと焼き鳥です。コンサルティング科目:SEO、コピーライティング、ブランディングアップ以外に、PCハード面、ソフト面、マーケティング、E-mail marketing、他。/ 好きな書籍「孫子の兵法」 / 法人のお客様は、お問合せフォームをご活用くださいませ。/ 個人のお客様は、SEOコンサルティングのみお受けしております。Twitterからのお問合せもお受けしております。

    コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください