Windows10のジャンクデータを削除する無料ソフト、CCleanerの使い方。

著者:おきた ゆういち

Windows10のジャンクデータを削除する無料ソフト、CCleanerの使い方。

Windows 10最新バージョンは、2004 (May 2020) です。
こちらの記事でアップデート方法をまとめております。(2020-05-30更新)


最終更新日:2019-11-13
公開日:2019-06-15
Header Image : Yuichi Okita

Windowsのジャンクデータを削除してくれる無料のソフトをご紹介します。CCleaner(クラップクリーナー)というフリーウェアで、イギリスのメーカーによって開発されました。

無料で使える機能は有料版よりも範囲が限定されますが、このソフトを使わないよりは使った方が断然に良いので、本記事がお役に立てば嬉しいです。

CCleanerの公式サイト

公式サイト以外からはDLしない

公式以外のサイトからDLすると、ウィルスやらスパイウェアやらがくっ付いてくるケースが多いとのことなので、下記リンク先から直接DLするのが一番安全です。英語のサイトですが、緑のボタンに「Download Free Version(Freeは無料という意味)」と書かれていますので、そのボタンをクリックして下さい。

https://www.ccleaner.com/ccleaner

検索から公式サイトを訪れる場合

制作会社である「Piriformの公式サイト」を入念に確認してアクセスして下さい。

CCleanerを使うメリット

  1. Windows 標準のデータ削除機能、ディスククリーンアップでは削除し切れない、根深いジャンクデータを削除してくれる。
  2. レジストリの不要データも削除してくれる。
  3. レジストリがスッキリするので、Windows10の起動を高速化出来る。

CCleanerのインストール方法

ダウンロードボタンを押すと、下画像のように現れるので、「実行」をクリック。(画像は、Microsoft Edgeがブラウザの場合)

run button

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

Windows 10が変更の許可を尋ねてくるので、「はい」をクリック。

dialogue by ccleaner installer

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

インストール画面のEnglishをクリックして言語を選択。真ん中の青いボタン、Installをクリック。

installing ccleaner 1

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

すぐにインストールが完了するので、Run CCleanerという青いボタンをクリック。

installing ccleaner 2

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

CCleanerの使い方

  1. 詳細クリーン
  2. レジストリクリーナー

赤枠部分の2つの機能を使います。

home screen on ccleaner

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

詳細クリーン

※はじめる前の注意点

デフォルトではクッキーにチェックが入っているため、クッキーが削除されます。そのため、ヤフーやAmazonやWordPress管理画面などのサイトへのログイン状態からログアウトします。IDやパスワードを事前に控えてから、クリーンアップを行ってください。

左のチェックボックスは何も変更せずに、解析ボタンだけをクリックする。

cleaning in detail on ccleaner

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

ブラウザの終了を尋ねられるダイアログが出てくる場合がある。「はい」で進める。

dialogue by ccleaner

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

再度尋ねられる場合がある。「はい」で進める。

dialogue by ccleaner 2

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

解析結果が表示されるので、「クリーンアップ開始」を押して実行する。

result of analysis on ccleaner

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

データ削除の確認ダイアログが出るので、「コンティニュー」をクリック。

dialogue after result of analysis on ccleaner

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

done cleaning in detail on ccleaner

クリーンアップ完了。今回は370MBのデータが削除されました。たったこれだけの作業で、1GBの1/3が削除できます。

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

レジストリクリーナー

左側のチェックは何も変更する必要はありません。「問題をスキャン」をクリックしてください。

registry cleaner on ccleaner

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

問題点の一覧が表示されたら、「選択項目を解決」をクリック。

registry cleaner on ccleaner 2

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

ダイアログが現れたら、「はい」を選択。ドキュメントフォルダに、レジストリファイルを保存する。

registry cleaner on ccleaner 3

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

下のようなダイアログが現れたら、真ん中の「選択されたすべてを解決」をクリック。

registry cleaner on ccleaner 4

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

レジストリクリーンアップが終わると、「問題は解決しました。」と表示される。「閉じる」を押して終了する。

registry cleaner on ccleaner 5

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

次回からの起動方法

インストール時に、デスクトップにショートカットのアイコンが自動的に作成されますが、私のようにショートカットを削除して、デスクトップをすっきりとさせておきたい方もおられると思います。

次回からは、スタートメニューから起動できます。

ccleaner in start menu

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

CCleanerはどれくらいの頻度で使用すれば良いのか?

前回の記事の内容「ディスククリーンアップの頻度」と同様、1か月に1回程度で良いと思います。(前回と同様、おすすめの頻度は個人の考えによって異なります)

高い頻度でジャンクデータを削除しても、いちいちログアウトしたり、一時保存ファイルを削除されて逆にブラウズが遅くなったりするのを避ける、というのが私の考えです。

CCleanerからの有料版への勧誘広告が煩わしい場合の対処法

機能が限定的とはいえ、お試しで無料版を提供してもらっているので、メーカー側からすれば、「有料版へのオファーを積極的にして、何が悪いんだ」という論調も十分に理解できるのですが、私個人的には、メンテナンス機能としては無料の範囲内で十分に感じています。

本記事を読まれて、「有料版への勧誘広告が煩わしい」と感じているユーザーもおられると思います。

勧誘広告の出現頻度を減らす方法があるので、ご紹介します。

上記ページでスタートアップ時にCCleanerを無効化すると、勧誘広告が減ります(2019-06-15現在)。

有料版CCleanerの説明

本記事では無料ソフト、フリーウェアとしてCCleanerを紹介してきましたが、無料は個人使用に限ります。企業で使用する際には、有料版を購入することになります。

有料版は1年単位のサブスクリプション方式で、初年度2,000円です(2019-06-15現在)。

私はWindows10の初期化をすることがしょっちゅうあるため、必要なデータをローカルストレージ内部には保存しておりません。なので、ジャンクデータの掃除が出来るだけで、十分に満足し、無償で配布してくれているPiriform社に感謝しています。

最後に

アプリをインストールすることは多くても、ジャンクデータのメンテナンスをする人はまだまだ少ないと思います。本来、OSがジャンクデータの処理を自動的にしてくれると、人間は知的生産に専念することが出来るので、メモリ管理やメンテナンス関連をWindowsが担ってほしいと思っています。

PCは知的生産するためのツールなので、もっと考える行為にエネルギーを注げるPC環境の構築を、個人的には望んでいます。

今回ご紹介したCCleanerは、ソフトとしては超軽量でありながら、PCの非常に重要な部分をメンテナンスしてくれる、とても優れたユーティリティソフトだと思っております。

ご不明な点がございましたら、コメントをお待ちしております。
内容に不備な点や間違いがございましたら、下のコメント欄よりご指摘頂けると、ありがたく思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

人気記事ランキング(24時間)

この記事に関連のあるトピックです

新着記事 New arrival

メルマガ登録

ただいま準備中です。

このサイト内を検索できます。

(Visited 48 times, 1 visits today)

著者について

おきた ゆういち administrator

2020/04/15 更新 – ブログや通販サイトなど、Webサイトを運営されているお客様に、「検索からアクセスアップする文章の書き方」をオンラインでアドバイスさせて頂いております。at Osaka, Japan.