【初心者向け】Windows 10 と Linux OS とのデュアルブートの作り方

著者:Yuichi Okita

【初心者向け】Windows 10 と Linux OS とのデュアルブートの作り方

最終更新日:2019-08-05
公開日:2019-07-22
Header Image : Pixabay

Windows 10 と Linux OS とのデュアルブートの作り方を書きます。

このページの目次です。

Windows 10 と Linux OS とのデュアルブート作成の大まかな流れ

  1. Windows 10 を先にインストールする
  2. Windows 10 をインストール時に、パーティションを設定する
  3. Linux OS をインストールする

 

元々Windows 10がディスクにインストールされている状態で、Linux OSをインストールする方法は、書かないことにします。
その逆も同様に、元々Linux OS がインストールされている状態で、Windows 10 をインストールする方法は、書かないことにします。
理由は、パーティションが複雑になるからです。

 

Windows 10 を先にインストールする

Windows 10 のインストールの詳細は、下記をご覧ください。

 

▼SSDでパーティションが区切られている場合は、一旦削除する。

Delete old volume

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

▼ドライブボリュームが無い状態にする。

Unapplied volume size

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

▼新規ボタンで新規ボリュームを作る。

Creating a new volume

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

▼Windows 10 に割り当てる容量を入力する。
(ここでは後にLinux OSをインストールするため、半分程度の容量にしています)

Applying size

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

▼新規のパーティションには、Windows 10 をインストール。
未割り当てには、後にLinux OS をインストール。

Partitioning in installation

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

 

Windows 10 のインストールを済ました後、次のLinux OS のインストールへ進んでください。

 

Linux OS をインストールする

Windows 10 とのデュアルブートを作成する際、予め未割り当て領域があって、Linux OS をインストールできる容量だと、
インストーラが自動的にその領域を見つけてくれて、Linuxのファイルシステムext4にフォーマットしてくれます。

ですので、通常のLinux OSをインストールするやり方と変わりません。
参考に、Linux Mint 19 のインストール方法をご覧ください。

 

 

 

自己責任でお願いいたします。

ご不明な点がございましたら、コメントをお待ちしております。
内容に不備な点や間違いがございましたら、下のフォームよりご指摘頂けると、ありがたく思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

貴重なご意見ありがとうございます。

お客様から頂いたページへのご意見・ご感想を参考に、より一層品質の高いコンテンツを目指してまいります。
お客様のご協力に厚く感謝申し上げます。
暗号化されて届きます。


今後とも当サイトをよろしくお願い致します。

同じカテゴリで関連性の高いオススメ記事です。


最後までお読み頂きありがとうございます。

著者について

Yuichi Okita administrator

好物は大阪名物たこ焼きと焼き鳥です。コンサルティング科目:SEO、コピーライティング、ブランディングアップ以外に、PCハード面、ソフト面、マーケティング、E-mail marketing、他。/ 好きな書籍「孫子の兵法」 / 法人のお客様は、お問合せフォームをご活用くださいませ。/ 個人のお客様は、SEOコンサルティングのみお受けしております。Twitterからのお問合せもお受けしております。