iPad mini 5 2019 の急速充電方法。純正の充電速度が遅いと感じる方へ。

著者:Yuichi Okita

iPad mini 5 2019 の急速充電方法。純正の充電速度が遅いと感じる方へ。

【無料体験】
Amazon本を耳で聞ける、Audibleを無料で体験できます。

最終更新日:2019-11-13
公開日:2019-11-10
Header Image : Yuichi Okita

iPad mini 5 2019 を急速充電する方法について書いてみます。

iPadが満充電になるには時間がかかる

iPhoneとiPadではバッテリーの容量が異なり、iPadの方が容量が大きいため、満充電になるまで時間が掛かります。iPhoneの充電しか知らない人にとっては、iPadの充電の遅さにイライラすると思います。

分かりやすく、9月に発売された最新製品、iPhone 11とiPad mini 5 のバッテリ容量を比較すると、

iPhone 11 : 3,110mAh[1]

iPad mini 5 : 5,162mAh[2]

約2,000mAhもの容量差があるため、単純に考えてもiPad mini 5 の方が満充電になるのに時間がかかります。また、デバイスのバッテリコントロール性能やOSのバージョンが充電速度に影響を及ぼすこともあります。

iPad mini 5 だけでなく、一般論としてタブレットの充電には時間がかかるので、タブレット購入の際はデフォルトで充電速度の速さも考慮に入れた方が良い、と書いた記事が下記です。

関連記事
充電速度はタブレット選びの重要要素 – OKITA-YUICHI.NET™

iPad mini 5 2019 購入時に付属してくるApple純正電源アダプタでは遅い

同梱されてくる純正電源アダプタは、10Wで非力

iPad mini 5 2019 を購入すると、Apple 純正10W充電器が付属してきます。

Apple 10W USB Power Adapter

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

iPhone の電源アダプタで5Wに慣れていた私は、10Wでも嬉しかったのですが、いざiPad mini 5を充電してみると、充電を終えるまで遅く、時間の長さに疲れを感じるようになりました。そこで、次のものを購入。

iPad mini 5 2019 を急速充電する方法

急速充電出来る充電器&Lightningケーブルの組み合わせ

  1. Anker PowerPort Atom 3 (PD対応 60W) ※USB-Cのみでは45Wのため、以下の測定は、45W条件下で充電した。
  2. Anker Powerline 2

効果はあるの?

上の充電器と充電ケーブルで、バッテリー残量0%からフル充電までの所要時間

充電スタート時は、1分1%で充電されていく急激な充電速度。但し、PDに対応したLightningケーブルでiPad mini 5を充電すること。

充電方法充電機種バッテリー容量所要時間と充電率
上の急速充電器と対応ケーブルでの充電 (45W)iPad mini 5 20195,162mAh[3]30分 – 35%
60分 – 67%
130分 – 100%
同梱バンドルされてくるApple純正充電器による充電 (10W)iPad mini 5 2019上に同じ。30分 – 21%
60分 – 43%
170分 – 100%
【参考】iPhoneでも試した (45W)iPhone 6S Plus2,750mAh[4]30分 – 29%
60分 – 57%
210分 – 100%

※ 上の表では、私が所有しているiPhone 6S Plus と比較しています。

※下の画像は、 iPhone 6 S Plus のバッテリー容量を示している(2019-11-06時)

iPhone 6s Plus のバッテリー容量

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

純正電源アダプタで0%からフル充電までの所要時間

上の表から、iPad mini 5 2019がApple純正充電アダプタ(10W)でフル充電になるまで掛かる時間は、170分

PD対応 充電セット(45W)と純正アダプタを比較した結果

上の表から、iPad mini 5 2019がPD対応充電セット(45W)でフル充電に掛かる時間は、130分。純正よりも40分速くフル充電ができます。

「なんだ、たかが40分速くなるだけか」

と思われるかもしれませんが、注目すべき点は、充電スタートしてからの60分間です。

  • 30分:35% (PD対応), 21% (Apple純正) → 14%差
  • 60分:67%(PD対応), 43% (Apple純正) → 24%差

効果:急速充電は、急加速な効果を得られ、能率的な充電を体験出来る

1時間の充電で24%もの差が出ます。たった1時間で、タブレットの充電池の約1/4の容量がApple純正充電アダプタでは充電できない、というのは大きな痛手です。PD対応45Wなら、0%からの充電で、1時間後に67%、約70%まで急速充電できるので、iPad mini 5での作業を続行するにも能率的に始められます。

圧倒的充電速度!Anker PowerPort Atom 3 (PD対応 60W)

Anker PowerPort Atom 3

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

下記ページにて詳しくレポートしています。

PD対応 Lightning ケーブル!Anker Powerline 2

Anker Powerline 2

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

Power Delivery (PD) には、純正または認証を受けたケーブルを使うよう、メーカーにより注意喚起がなされています。

Power Deliveryによる急速充電で2018年以降のiPadとiPhone 8以降のiPhoneを充電するためには、純正または、MFi など第三者機関による認証を受けたPower Delivery対応のUSB-C & Lightningケーブルを使用してください。

Anker PowerPort Atom 3 商品ページより

Anker Powerline 2 は、MFi認証商品なので安心出来ます。

下記の過去記事にて詳しいレポートをしております。

Apple 製品に非純正・非認証商品は大きなリスクになる

私はAppleとは無関係な人間ですが、Appleの社風を踏まえると、下記のような考えを持っています。

独自規格が多い理由は、ユーザーファーストだからでは?

創業当時からAppleは自社規格にこだわり続けるメーカーです。そのため、「アクセサリ類などの汎用性が低い」「Appleだけが儲かる仕組みにしている」「ブランド力を打ち出すために独自規格を出す」などの消費者からの苦言は常について回っています。

民間企業なので、確かにそのような面もあるのでしょうけれども、Apple の設計部門はひたすら技術を考え、セキュリティ部門はひたすらユーザーを守ることを考え、アクセシビリティ部門はひたすらユーザーの操作性のことを考え、それぞれ各部門が集まって統合会議のが開かれ、総合的にバランス調整が図られた上で、十分に熟慮されて世の中に出ている商品だと、私は思っています。

ですから、第一義的には、ユーザーファーストの企業理念があり、2番目・3番目に、自社ブランド向上や会社の利益、という価値序列で企業活動がなされている、と私は思っています。

Bluetooth デバイスやLighting ケーブルが制限される理由

そのため、業界規格が安全面で容認出来なければ、もっと堅牢な独自規格を設計する。特定メーカーのBluetooth デバイスしかOSが受け付けない例は、そういうバックグラウンドが見え隠れします。無線で侵入されてウィルスや乗っ取りを防ぐために。

Lightning ケーブルとMicro USB ケーブルを比べても、前者は裏表気にせず挿せるが、後者は都度都度、裏表を確認しなければならない。私は手元がぼやけて見えるため、非常に辛くて不便。Lightning ケーブルの形は、アクセシビリティに配慮してもらえているように思えて個人的には嬉しい。

非純正・非認証製品が出現する理由

だから、ライバル他社やサードパーティからすれば、「クローズド企業」と見えるのかもしれませんが、

今回のような充電アダプタやLightningケーブルも、Apple純正またはMFi認証商品を選んで購入しないと、iPad やiPhone に受け付けてもらえない(クローズドされる)大きなリスクがつきまといます。

非純正・非MFi認証商品は将来に渡ってリスクは大きい

私が上の2品を購入する際にも、相当に時間をかけて念入りに調査・確認を重ねて、iPad mini 5 2019に対応しているのかを見定めました。

したがって、同様な性能の類似品であっても、MFi認証されていなければ避けたほうが良く、仮に今後iOSやiPadOSがアップデートされて使えなくなるリスクも十分に考えられます。

ご不明な点がございましたら、コメントをお待ちしております。
内容に不備な点や間違いがございましたら、下のフォームよりご指摘頂けると、ありがたく思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

このサイト内を検索できます。

アクセスランキング(1時間)

ご連絡ありがとうございます。

当記事へのご意見・ご感想・ご感想は、下記フォームよりお受け致しております。
今後のサイト運営に積極的に反映させて頂きます。

お客様のコメントはセキュリティで保護されて安全に届きます。

内容に不備な点もどうぞご指摘ください。
今後も品質の高い記事作成に努めてまいります。

このサイト内を検索できます。

脚注   [ + ]

1.携帯総合研究所, 再更新:iPhone 11/11 Pro、RAMとバッテリー容量が判明。中国の認証機関から, 2019-11-06閲覧。
2.Apple, Apple公式ページの19.1Whの表記から筆者が換算。2019-11-06
3.Apple, Apple公式ページの19.1Whの表記から筆者が換算。2019-11-06
4.筆者の持ち物をアプリで調べた。2019-11-06

著者について

Yuichi Okita administrator

好物は大阪名物たこ焼きと焼き鳥です。コンサルティング科目:SEO、コピーライティング、ブランディングアップ以外に、PCハード面、ソフト面、マーケティング、E-mail marketing、他。/ 好きな書籍「孫子の兵法」 / 法人のお客様は、お問合せフォームをご活用くださいませ。/ 個人のお客様は、SEOコンサルティングのみお受けしております。Twitterからのお問合せもお受けしております。

    コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください