タブレットの選び方。どのように選べば良いのか?失敗者がポイント3点を語る

著者:おきた ゆういち

タブレットの選び方。どのように選べば良いのか?失敗者がポイント3点を語る

Windows 10最新バージョンは、2004 (May 2020) です。
こちらの記事でアップデート方法をまとめております。(2020-05-30更新)


公開日:2020-05-07
Header Image : Yuichi Okita

私はこれまで6台のタブレットを買い替えてきました。この経験から、「タブレットを選ぶ際に、どのスペックに注意すれば良いのか」について書いてみます。

失敗続きのタブレット購入変遷史

私は2015年~2019年の5年間で、タブレットを合計6台購入し、買い替えてきました。各機種の買い替え理由を下表にまとめました。

年度メーカー・機種名買い替え理由・レビュー
2015Asus ZenPad 10
ASUS ZenPad 10

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

  • バッテリー消耗が早い
  • Android OS サポート打ち切りが早い
  • ライフサイクルが短い
2016Amazon Fire タブレット 7インチ
Amazon Fire Tablet 7in.

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

  • 重量が重い
  • 分厚い
  • 処理が遅い(もっさり過ぎる)
  • 狭い
  • 直ぐに子供のおもちゃへ
2018Amazon Fire HD 10
  • 重量が重い
  • 分厚い
  • 動作が、ややもっさり
  • 手書き添削がしづらい
  • 動画視聴だけなら十分
2019Amazon Fire HD 8
B4946219-FD2C-49A8-9E93-C5A7C7F76E7E

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

  • 動画視聴のみの用途向け
  • 画面サイズが小さいため、生産的な作業には不向き
2019Apple iPad mini 第5世代 7.9インチ
Apple iPad mini 5

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

  • 作業領域が狭い
  • スプリットビューが狭い
2019Apple iPad 第7世代 10.2インチ
Apple iPad 7th 2019

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

  • 現在も使用中

上のような経験から、「タブレットを選ぶ際のポイント」を書いてみます。

タブレットの選び方

選ぶ際のポイント3点

  1. 重くないのか?
  2. バッテリーは長持ちするのか?
  3. 充電時間は早いのか?

タブレット購入に不慣れな方にとって、意外に見落としがちな点だと思います。
上記3点が「なぜ、タブレット選びのポイントになるのか」、それぞれ理由を述べていきます。

ポイント1:重量は重くないか?

タブレットは軽量の方が断然に良いです。重量が重いと、それだけの理由だけでタブレットに触る気持ちが失せてきます。
屋内利用しかしない私ですら、タブレットの重量が重くなると、あまり触らなくなったので、屋外での使用を考えておられる方は、仕様表で重量比較して購入機種を検討されることをお勧めします。

iPad mini 第5世代とiPad 第7世代を例にしますと、
iPad mini 5 なら気軽に持ち歩き出来ましたが、iPad 第7世代 10.2インチはそこそこ我慢が付いて回ります。

iPad mini 5iPad 第7世代
重量300.5g (A)483g (B)

仕様表上では、たかだか「(B) – (A) = 182.5gの差」ですが、本体にカバーケースや液晶保護ガラスフィルムを付けると、さらに重くなります。現在使用しているiPad 第7世代がiPad mini 5 の重量なら、気軽に持ち歩けて嬉しいです。

ポイント2:バッテリーは長持ちするのか?

バッテリーが長持ちすると、精神的に安心できます。

モバイルバッテリーと一緒にタブレットを屋外へ持ち出すという手もありますが、それでもバッテリー切れのリスクが低いに越したことはないです。また、全く使用していないのに放電によるバッテリー切れが多発すると、タブレットを使うモチベーションも低下してしまいます。

《バッテリーが長持ちする要因》

  1. バッテリー容量が大きい
  2. バッテリーが新しい
  3. バッテリーコントロール部品の性能
  4. OSのバッテリーコントロール機能

冒頭のASUSのタブレットは普通に使っていても、ぐんぐんとバッテリー残量が減少したので手放しました。廉価なAndroid機種なので、仕方がない面はあります。

AmazonのFire タブレットシリーズは、バッテリーの持ちは良いと思います(コストパフォーマンスは高い)。しかし、計算処理のもっさり感と重い理由から手放しました。

AppleのiPadシリーズは、バッテリー制御能力には定評があります。タブレットに限らず、iPhone登場の頃からAppleはバッテリー管理機能に力を注ぎながら、部品やOSを進化させてきた経緯があります。

ポイント3:充電時間は早いのか?

iPad の急速充電方法の記事でも書いていますが、充電時間・充電速度はとても大事なタブレット選びの要素になります。

タブレットのバッテリー容量はスマホより遥かに大きいため、想定以上に充電時間が掛かります。
参考:iPad mini 5 とiPhone 6S Plus のバッテリー容量比較表 | OKITA-YUICHI.NET™

ですので、PD急速充電に対応していないタブレットを選んでしまうと、100%満充電になるまで遅く、仕事や作業が非効率となり、心もとない心境になります。
仮に、取引先での打ち合わせでバッテリー残量が少ないと、顔が青ざめる事態になりかねないので、可能な限りPD急速充電に対応している機種が望ましいと思います。

最近のタブレットインターフェースはUSB Type-C なので、急速充電に対応している機種が多いですが、iPad 第7世代 2019 は急速充電に対応していません。iPad mini 5 の急速充電の快適さを体験している私としては、少し残念ですね。

まとめ

上述のポイント以外にも用途別の選び方もあるとは思いますが、
今回の記事では「見落とされがちなポイント」に絞って書いてみました。
iPad シリーズにせよ、Android機種にしろ、

  • 軽くて、バッテリーの持ちが良くて、急速充電できるタブレット

このポイントは新機種が発売されても、変わることがないポイントだと思います。

ご不明な点がございましたら、コメントをお待ちしております。
内容に不備な点や間違いがございましたら、下のコメント欄よりご指摘頂けると、ありがたく思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

人気記事ランキング(24時間)

この記事に関連のあるトピックです

新着記事 New arrival

メルマガ登録

ただいま準備中です。

このサイト内を検索できます。

(Visited 27 times, 1 visits today)

著者について

おきた ゆういち administrator

2020/04/15 更新 – ブログや通販サイトなど、Webサイトを運営されているお客様に、「検索からアクセスアップする文章の書き方」をオンラインでアドバイスさせて頂いております。at Osaka, Japan.