【最短・最速】バリュードメインとコアサーバーでWordPressをインストール

私が改めて書かなくても、コアサーバーの公式マニュアルが分かりやすいので、それらを順序よく並べて、最短・最速でロスなくWordPressインストールへ到達出来るよう、本記事を構成しております。

前回の記事では「バリュードメインで独自ドメインを取得・設定する方法」について書きました。
今回は、コアサーバーに取得したドメインを設定して、WordPressをインストールする手順を書いてみます。

コアサーバー契約済みを前提として話を進めています。
私が契約しているプランは「CORE-A」です。

WordPressインストールまでの大きな流れ

  1. バリュードメインで独自ドメインを取得・設定
  2. コアサーバーでドメイン設定
  3. コアサーバーでデータベース新規作成
  4. サイト設定の新規作成
  5. WordPressのインストール

バリュードメインでドメインを取得・設定する

以下の記事の手順でドメインを取得し、最後のDNS設定まで済まして下さい。

必ず、上の記事の最後まで設定を済ましてから、この先のステップへ進んでください。
設定が済んでいないと、この先の作業が上手く運べなくなると思います。

コアサーバーでドメイン設定

コアサーバーにドメインを新規追加します。
以下の公式マニュアルが理解しやすいのでご参照ください。

データベースの新規作成

さくらのレンタルサーバーの記事でも書きましたが、コアサーバーは自分でデータベースを作成しなければいけません。
以下の公式マニュアルが理解しやすいのでご参照ください。

サイト設定の新規作成

追加したドメインのサイトの設定を行います。SSL設定やPHPバージョン設定など。
以下の公式マニュアルが理解しやすいのでご参照ください。

このステップで無料SSLを選択すると、Let’s Encryptが適用されます。
2020-08-09現在のWordPressには、PHP74を選びます。
(PHP74以外ではエラーが出たように記憶しています)

WordPressのインストール

いよいよコアサーバーにWordPressをインストールします。
以下の公式マニュアルが理解しやすいのでご参照ください。

以上で、コアサーバーへのWordPressインストールは完了です。

WordPressインストール直後にすべきこと

コアサーバーへのWordPressインストールが完了して、先ず初めに驚くことは、プラグインが空です。さくらのレンタルサーバー、エックスサーバー、ロリポップなど他のレンタルサーバー会社でWordPressインストールを行えば、何かしらのプラグインがバンドルされてきますが、コアサーバーは全くの空です。

ですので、WordPressの初期設定や最低限必要なプラグインについては、WordPressテーマ・Cocoonの記事を参考頂くと、最短最速に安全な環境で投稿記事を公開できると思います。

まとめ

本記事冒頭で書いたように、コアサーバー公式マニュアルが分かりやすいので、今回は私自身が作成した画像での説明を敢えて省きました。

バリュードメインでのドメイン取得からコアサーバーへWordPressインストールするまでの大きな流れは、以下の利用手順を抑えておけば、迷子にならなくて済むと思います。

バリュードメインコアサーバーの契約が前後しても、どこかのステップでは合流してWordPressインストール手順が進んでいくので、両方の契約は必須です。

さくらのレンタルサーバーと同じ年間料金なのにサーバー処理が速く、エックスサーバーより約60%安い5,238円という価格が、コアサーバーの最大の魅力だと思います。

本記事コンテンツで理解し辛い箇所がございましたら、コメント欄にてお待ちしております。

最後までお読み頂きありがとうございました。

WordPress

プロフィール
profile-photo置田 雄一
大阪ののんびりとした地域でマイペースに暮らしています。「記事を読んで役に立ちました!」というコメントを頂けると嬉しいです。好きな食べ物:お肉、焼き鳥、たこ焼き。好きな音楽:アコースティックギター器楽曲、ピアノ器楽曲。更新情報はTwitterでお知らせいたします。


この記事がお役に立てば、シェアして頂けると励みになり嬉しいです。
この記事へのご感想・ご質問は、コメント頂けると嬉しいです。
OKITA-YUICHI.NET™

コメント