冷気と断熱対策グッズおすすめ1「二トムズ 冷気ストップライナー超透明Lサイズ」

著者:おきた ゆういち

冷気と断熱対策グッズおすすめ1「二トムズ 冷気ストップライナー超透明Lサイズ」

Windows 10最新バージョンは、2004 (May 2020) です。
こちらの記事でアップデート方法をまとめております。(2020-05-30更新)


最終更新日:2019-11-30
公開日:2019-09-25
Header Image : Yuichi Okita

すっかりと秋めいた季節となり、朝方は涼しくなってきました。そろそろ冷気の断熱対策のシーズンとなるので、早めに買っておくべき断熱グッズをご紹介してみます。

売り切れて価格が高騰する前に断熱グッズを買い揃えておく

下記の商品は、2018〜2019年にかけて、冬のシーズンには売り切れ続出で、価格が驚くほど高騰していました。

1.ニトムズ 冷気ストップライナー 超透明 L 冷え防止 カーテンレールに取付 幅100cmx高さ225cm 2枚入 E1405
2.ニトムズ サッシ枠 断熱テ-プ 40 ブロンズ 年中 結露抑制 幅4cm×長さ7m 1巻入 E0301

私は2018年10月に購入し、コツコツと断熱対策を進めていったのですが、いざ本番の冬シーズンに偶然Amazonで上の商品を見かけると、3倍ほどの価格になっていたので、大変驚いてしまいました。ですので、9月、10月の頃から事前に購入しておいた方が良いと思います。

関連記事

ニトムズ冷気ストップライナーの効果はあるのか?

効果は間違いなくあります

下の商品パッケージ画像の説明のように、窓ガラスとレースカーテンの間に本商品を挟んで、冷気を断熱します。

取り付けイメージ
パッケージのイラストを撮影

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

窓ガラスと冷気ストップライナーの間に空気の層を作ることにより、この層の中で冷気を閉じ込めます。そのため、外の冷気が窓ガラスを伝って部屋の中に侵入するのを防ぎます。

夏でも効果があります

実は同じ理屈で、夏の熱気も断熱が出来ます。外からの熱気を窓ガラスと冷気ストップライナーの間の空気の層で閉じ込めるため、室内に侵入する熱気を大幅に減らすことができ、今年の夏はエアコンの効きが良くなり、室内の冷気の持続性も高まりました。

実際の商品

カーテン左右のように2枚入りです。サイズは2種類あり、長いLサイズを購入しました。

サイズ:100cm×225cm (掃き出し窓サイズ)

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

ニトムズ 冷気ストップライナー 超透明 L 冷え防止 カーテンレールに取付 幅100cmx高さ225cm 2枚入 E1405(Amazonサイトが開きます)

実際にカーテンレールに取り付けた画像

下の画像は窓の外側の雨戸を締めています。
冷気ストップライナーは、とても透明で安っぽくは見えません。

画像をクリックすると、拡大表示されます。
画像提供:Copyright © Yuichi Okita

ニトムズ冷気ストップライナーの取り付け方法

取り付けはとても簡単ですが、カーテンレールに手を届かせるために、脚立や椅子などを事前に準備しておいた方が良いと思います。

取り付け方法

  1. 商品付属のSカン(プラスチック・白色)をカーテンランナーに取り付ける。
  2. カーテンレールが2本で、レースカーテンと室内側カーテンで2本とも使用中の場合は、レースカーテンのカーテンフックと一緒にカーテンランナーに取り付ける(メーカー説明より)。

※最初の頃はビニールの匂いがしたかもしれませんが、すぐにその匂いは消えて無臭になります。
※破れやすいという印象は全くありません。1年中吊り下げたまま、特にもろくなるような劣化した様子も見えません。

他にも断熱グッズを数点持っていますが、取り付けがとても簡単で、お値段の安いシーズンに一番最初に購入しておくべき商品だと思います。

冷気ストップライナー下部に停滞している冷気をサーキュレーターで拡散するだけでも、断熱対策になるでしょう。何も対策しないよりは、はるかにベターだと思います。

また機会があれば、断熱対策をご紹介させて頂きます。

(追記:2019-10-21)
断熱対策の方法を下記記事でまとめました。順番通りに取り組んで頂くと、時間と労力のロスが少なくて済むと思います。

ご不明な点がございましたら、コメントをお待ちしております。
内容に不備な点や間違いがございましたら、下のコメント欄よりご指摘頂けると、ありがたく思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

人気記事ランキング(24時間)

この記事に関連のあるトピックです

新着記事 New arrival

メルマガ登録

ただいま準備中です。

このサイト内を検索できます。

(Visited 14 times, 1 visits today)

著者について

おきた ゆういち administrator

2020/04/15 更新 – ブログや通販サイトなど、Webサイトを運営されているお客様に、「検索からアクセスアップする文章の書き方」をオンラインでアドバイスさせて頂いております。at Osaka, Japan.